CouCou クー・クー! La vie quotidienne a Paris 


蚤の市大好き。もの大好き。バイヤーの仕事も好き。食べるのも好き。パリ13区からの備忘録。
by namitp
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ

ゴシック建築

これはどこでしょう?
c0051980_6492230.jpg

わかった方は 観察力が高いですね。
ノートルダム大聖堂の一部です。 ゴシック建築の講義のあと、友人がまとめてくれた資料をもとに、ちょこちょことフランスの本なんかを目を通してみたものの。私の仏語力では、詳細まで行き着くことも出来ず、それなら、本物を見に行って終わりにしようと思いつき、行ってきました。
初期ゴシックの代表作というノートルダム。ちょっと知識を持って見ると違って見えてきました。もっと季節が暖かくなったら、SEI はお留守番で、音声ガイドで上まで上ろうかと計画中。
パリ在住の方、1日私と観光しませんか?どなかた募集しています。
今日も、SEIはわからないなりに、”うーあー”と言っていました。
c0051980_6494670.jpg見終わって ノートルダムから出てきた時の なんだか、偉そうなわかったような顔。
[PR]
# by namitp | 2008-02-19 06:52 | 日常のちょっとした事

日仏 赤ちゃん大きさ比較 


c0051980_8552528.jpgc0051980_8545649.jpgc0051980_8554934.jpg


ここの所パリ、太陽がだいぶ出ています。やっぱり うきうきしますねぇ。

先日の日本帰国で買った デジカメ一眼レフを出してきて、写真練習。







Seï も だいぶ お座りができるようになって、写真もぶれなくなってきました。

何人かの友人に、 ブログみても子育ての話が出てこないだけど、ちゃんと子育てしているの?と言われてしまった。
はい 一応してます。(彼も、かなりの部分をしてくれていますが・・・)

私が、Seï と過ごしているのを見て、
” それくらい適当でいいんだよねぇ” 
と何度か言われました。

ぜんぜん!適当なつもりはないです。私は、結構ちゃんとしているつもりなのに、そう言われると、えっ 皆はもっと、丁寧なの?と こちらが????マーク。
まぁ男の子だし、この国で生きて行くのだし、あまり神経質になっては、本人が辛い思いをするというのが、いつも根底にはあるものの。そうでしょうか・・・

話はかわるが、我が息子
日本でもフランスでも、大きいねぇと必ず言われる。
    出生時            6.5ヶ月
体重 3440 G          7800 G
身長  52CM           70CM

足がつったりもせず(もしかして 痛いのかもしれないが)7ヶ月で身長が18cmも延びている。やはり赤ちゃんってすごい!  

今日、日仏両方の母子手帳を出して、フランス人的に大きいのか、日本人的にも大きいのか、成長グラフを埋めてみた。
そこで、発見。日仏赤ちゃん大きさ比較。
ちなみに、日仏出生時の標準は同じくらいでしたが、1歳時の標準を見てみたら。
        
       日本             仏
体重   6.8-11.3kg     7.2-11.9kg
身長   70-79cm       67-79cm


と日本の方が、軽いのに、身長は高いようだ。
確かに フランスの赤ちゃんの方が ムチムチ度が激しい気もする。
あと、日仏赤ちゃんの大きな違いは、髪の毛があるかないか。
こちらの赤ちゃんは、髪の毛がない子が多い。
オギャーの時点で、髪の毛がはえているのは、こちらでは考えられないよう。ちなみに、私の周りの日仏カップルの赤ちゃんは 殆ど髪の毛がはえて産まれてきている。

大分お座りもするようになってきているものの、よく転ぶ。そしてこれから ハイハイが 始まるまえにと思って、この週末 Seïの部屋に じゅうたんを敷きました。
これで、どこででも、ごろんごろんできるように。
靴文化の中での生活ではなんとなく、床でごろんごろんするのに抵抗があるし、ごろんごろん感覚を忘れていたけど、3人でSeï の部屋に集まって ごろんごろんしています。
気持ちいいー。新たな発見をさせてもらいました。あまりにも気に入って、自分たちの寝室も絨毯計画です。

あと、検査の結果、心配していたアトピーではないとうい事がわかり、ほっ。
心配してくれた方々ありがとうございました。
ということで、6ヶ月20日という遅いタイミングでの 離乳食スタート!
勿論 日本の本とこちらの先生の言うことが全く違う。少し頭を混乱させつつ、一応日本の本に沿って始めてみた。

これからが、お母さんの腕のみせどころ とおかゆを炊いたりしたけど、本人市販のお野菜の方を喜んで食べている。
どうしよう。頑張るつもりだったのに、やはり手抜きできちゃいそう・・ しちゃいそう・・・・ 

[PR]
# by namitp | 2008-02-18 09:08 | 赤ちゃん子供グッズ 我が息子

FUROSHIKI ショ-ウィンドー用

c0051980_2154484.jpg


以前 お話した風呂敷の本を近くの本屋さんに紹介したついでに、ショーウィンドー用に、何か置いてくれとの事で、今日、気分が向いたので、試しに色々巻いて遊んでいました。

本用カバー 2ヶ
ワイン用
何でも小さい箱用

を紹介しました。

アジア人が多い地区の本屋さんだからどうかな?と思っていたものの、4年振りに会った台湾人の友人に見せたら、彼女もすごく気に入ってくれた。どうやっているか想像できない!との事。
やってみたら結構簡単な風呂敷包みなんだけど。多分折り紙より簡単だし、実用性があって 楽しいと思う今日この頃。

太陽が出てきた 気持ちのいいパリです。
[PR]
# by namitp | 2008-02-13 21:57 | 日常のちょっとした事

家と恋愛した行く末は・・・

c0051980_710754.jpg

今日、週に2回通っている建築の隣のクラスにもぐりこんで見たビデオで、なんだか、心が痛くなっています・・・

その短編の名前は、
ジャン=ピエール・レイノーの家 1969-1993」(ミシェール・ポルト監督、1993年、フランス、31分)。
ジャン=ピエール・レイノー(Jean-Pierre Raynaud)は、1969年から自宅の改造を始め、床、壁、天井、家具を15センチ四方の白いタイルで覆い尽くしました。
壁 床 食事をするテーブル 椅子 全てが、ぴっかり光る白いタイル。”空”としかいえない空間が、異様さを放ち、心の葛藤を感じました。と同時に、なぜか、流れていた音楽がレクイエムだったからか、精神性と結びつき、宗教性を感じました。

彼とその家は 長年連れ添ったカップルと一緒で、常に変化を続けた二人の関係は、23年間で家がやっと完成したと同時に、”新しい段階に 私達は入っていった” と彼は語る。

そして、彼が4年かかって考えた結果
新しい段階 → 破壊

そのビデオでは、ブルドーザーが次々と 彼が情熱をかけて作った家を破壊して行く。
23年も大事に 葛藤しながら、続けていた関係を、破壊する。
その映像の生々しさに、心がづきづき、してきた私。

そして、最後は、残骸の中で、ひとつひとつアルミの容器に入れて行くかがんだ姿勢の彼。

そして、その家を葬るように、残骸を 規律正しく並べている 様子で終わりました。
写真は、見にくいですが、その家を葬っている姿です。


恋愛 情熱 破壊 。 ちょっと 普段の私は考えない世界を味わいました。


少しずつ、太陽が目だち、日が長くなってきているパリです。
[PR]
# by namitp | 2008-02-10 07:11

今 パリの ぬいぐるみは、ただ”ぬいぐるみ”だけではいられない。

c0051980_538966.jpg


昨今のパリの ぬいるぐみたち ”は” →訂正→ ぬいるぐみたち”も” 自分の個性を主張しないといけないようです。つまり、 必ず名前がついている。

そして、その子の個性が説明されていたりするから、おかしくて かわいい気持ちになる。
私の、お気に入りたちを ちょっと紹介。

これも、”LAPIN D’AVRIL" (4月のうさぎ) と ”LOVE CAT”
これは、夏バージョンで、コットン使用の、すっとしたさわり心地。
足が微妙に長くなっていて、赤ちゃんが持ちやすいデザインに。そして、布のかわいさもあって、男の子でも女の子でもいける感じ。
お値段も結構お手ごろです。
友人の赤ちゃんにプレゼントしたら、お母さん大喜び、赤ちゃんは、小さすぎて???反応なしでした。

もう一つは、シックな大人にもいけるポーランドデザイナーのぬいぐるみです。

ちょっと、宣伝させていただくと、こちらのぬいぐるみ 日本では、ここでのみで購入できます。
また、3月中旬に入荷待ちのぬいぐるみは、”ぬいぐるみキット” 自分でぬいぐるみが作れるように全てがコンパクトになっているものです。
ぬいぐるみのかわいさはもとより、プレゼントでも、赤ちゃんができたら、少しゆったりする時間を持って、ぬいぐるみを作ってあげるなんて、発想が素敵。
また、入荷したら、ご紹介します!



c0051980_5474100.jpg
c0051980_5472694.jpg

c0051980_5475078.jpg
c0051980_5481785.jpg

[PR]
# by namitp | 2008-02-09 05:58

”フレンチな夜”

c0051980_620114.jpg


前回に引き続き、日本滞在日記。
まず、2週間は四国松山で過ごしました。そこで、企画した"フレンチな夜”。
知合いだけに声をかけて、従姉(気が向いた時に開くようなカフェをしています)が中心となっての企画。
料理は、松山でフレンチテイストの素敵なカフェをしている 曽我部氏。
音楽は、我が旦那 BORIS.
総合プロデュースは、従姉のはるちゃん(旦那さんがアメリカ人で、松山在住。BORISと仲良し)

でっ、私は、
蚤の市グッズ販売  ”パリの蚤の市よりセレクトされたカフェグッズ 当日限定にてオープン”

そのため、日本向けの飛行機へは、ダンボール2つ満タンのカフェグッズを中心に持ち帰ったのでした。

荷物をほどくやいなや、個展準備中の、画家である叔母が包みかえった新聞紙やダンボールやら、割れてしまったお皿で いきなり創作活動に入り、親戚皆で盛り上がってきました。
この叔母のお陰で、予定をしていなかった BUVARDも並べる事に。

当日は、予定していた人数をはるかに超えるお客様。
私は、折角なので物の説明を沢山させてもらい、予想外にBUVARDが売れて、自分でもびっくり。
キッチンリネンを買って下さった素敵なマダムには、帰国の度にやってね。と色々な言葉を頂き、楽しい経験をさせて貰いました。
普段 蚤の市で 値切っているせいか、きかれてもいないのに、勝手に私からサービスしたりしていて、蚤の市で買うのは得意だけど、商売は苦手かも?
まぁ 楽しい思い出となりました。
お越し頂いた方ありがとうございましたー。

c0051980_6331210.jpg
c0051980_6334351.jpg

c0051980_6341269.jpg
c0051980_63436100.jpg

c0051980_635136.jpg
c0051980_6353174.jpg





c0051980_6354858.jpg今回包んでかえった新聞紙や FRAGILEのチケットなどで、叔母が作った作品。右上は、プロバンスの田舎のおじいさんがしていた クロスワード の新聞が気づいたら張られていました。おもしろいー
[PR]
# by namitp | 2008-02-01 06:45 | 日常のちょっとした事

今更ながら 今年も宜しくお願いします。

c0051980_154960.jpg


新年早々 不精もののですみません。時は既に1月も終わりを 迎えようとしています・・・
今年も宜しくお願いします。

1月20日3週間の日本から無事にパリに戻ってきました。

忙しい中、会えた友達たち、親戚の皆様、本当にありがとう。日本に帰るなによりも目的です。
なんでもない時間が、嬉しいものです。


フランスでも外国人。日本でも外国人を感じつつ、日本のスピードにはほとほとついていけない私です。自己嫌悪ばかり・・・

この3週間の間に、Seï も6ヶ月を迎え、徐々に動きが出てきて、毎日楽しみをくれています。


叔父と父が産まれた時の着物を着せて見ました。私の家の家紋はなんと”ねじれ大根”という事にこの着物から学びました。もうちょっと イケテイルものだったらいいのに。大根好きの彼は大喜びでした。

 以前から赤ちゃん用のカートってありましたっけ?その出来栄えのよさに大感動した私は、見つける度に、Seï をのせて走り回っていました。なぜフランスにはない?BECAUSE 盗まれるから?普通のベビーカーとしても使う人が出てくるからかな―

c0051980_28774.jpgc0051980_283997.jpg
c0051980_273583.jpg













イオニア式とかコリント式とかの石造建築ばかりを見ているからか、松山城に上った時の木造建築に妙に惹かれてしまいました。

c0051980_26013.jpgc0051980_262610.jpgc0051980_265827.jpg



c0051980_23115.jpgc0051980_232469.jpg







次回は、今回の日本での滞在中の 松山でのイベント ”フレンチナイト” について。ちょっとご報告。
私は、蚤の市グッズを紹介しました。とっても楽しい一夜でした。。。

[PR]
# by namitp | 2008-01-25 02:34 | 日常のちょっとした事

はやすぎるぅ。

明日から3週間の日本です。5ヶ月の Seï をつれての飛行機。そして 今週になって風邪をひいて、歯も生えだして ぐずぐずしだした。
行くまえにかなり、わたし、疲れてしまっています。

といっても、7年ぶりの日本でのお正月。


今年も1年早すぎた。本当に早すぎた。100点満点ではないけれども、Seï も産まれたことだし、自分に、80点 あげちゃいましょう。というか、それより、今年も 耐え抜いてくれた彼に95点あげましょう。残り5点は何か?と言われると、よくわからないけど、100点は有り得ないでしょう。

私は、今、時間があるだけに、もうちょっと上手に時間を使わないといけないと思う今日この頃。
子育て中の皆様が、家事などの時間配分など、どうされているのでしょうか。気になるところです。

そうそう。
ネットでのショップが開通しました。その名もこのブログからイメージして ”COO COO”

私がバイヤーをしている会社のスペシャリテは、見ていただければわかるのですが、バスグッズ 香り物 です。
私が選んだ商品もありますし、なかなかいいものばかりを扱っています。
私は、その一部 ”PARIS NOTION" (左側に欄があります)を担当しています。
まだまだ 紹介していこうと思っているものの一部しかないですし、ちょっとづつ、オリジナリティを出していけたらと思っています。
絶対 成功させたいので、
是非是非 お友達などにも、このサイト紹介して下さい!
応援宜しくお願いします。

みなさま 良いお年をお迎え下さい。
今年も、本当にいろいろお世話になりました。
今後とも、宜しくお願いします。

Seï の風邪がこじらせずに、無事に日本に着きますように。

c0051980_9394264.jpg

   from Paris le 28 12 2007

[PR]
# by namitp | 2007-12-28 09:46 | 日常のちょっとした事

FUROSHIKI フホシキ教室

c0051980_0152092.jpg
c0051980_0154426.jpg
先日 我が家に来た友人と話していて、”日本ってこんなのがあるんだよ”と話したら、盛り上がった風呂敷教室。彼女の友人達10名が集まって風呂敷教室を開きました。








今回のテーマは、クリスマスに向けて使える”ラッピング”
- 本のラッピング
- 香水やジャムなど小さな箱物
- ワイン
- ティッシュケース(これは私が個人的にいいと思っているから)

基本の”真結び”(絶対ほどけず、解きたいときにはマジックのようにほどける すごい結び方)から初めて、初めてのフランス人たちに大丈夫なのかしら?という不安はあったものの。

全て、テキストを用意して(勿論フランス語)それを見てももらいながらの実践。

初めは、ちゃんと基本にのっとっていた みなさま なのですが、最後の方は、この結び目は”スペキュタキュレールに欠ける” つまり "地味”ってこと。
なので、私は、ワイン包みの時のように、輪ゴムを使ってお花を作って、こうしてこうやってすると、ほらね。こっちの方が絶対いいわぁ と 眺めてご満悦。
最後の方は勝手に、皆楽しんでいて、それはそれで、素敵な形に出来上がって、私が、”BRAVO"の連続でした。
なんだか、幼稚園の先生になった気分で、皆が どんな物を出してくるのか、待っていました。

前回 日本に帰った時に、表参道にある ”むす美” という素敵な風呂敷専門店で、いろいろ教わってから、なるべく自分の生活に取り入れるようにしていた風呂敷。
こんな形で、日本を紹介できるとは思っていませんでした。

皆、私の説明の仕方が判りやすかったと言ってくれたのも、嬉しく、とっても充実した午後のひと時でした。
皆 こういう事に興味を持ってくれているとわかっただけでも収穫です。
現在は、この風呂敷の本をパリの本屋さんで置いてもらえるように、ちょっと動いています。
どの本屋さんも興味を示してくれるので、フランス人てある意味、生活術に敏感というか、これも ”ART DE VIVRE” の精神が根付いているからかなぁと、思っています。



ご興味のある方、是非 ”むす美”に足を運ばれてみて下さい。
http://www.kyoto-musubi.com/

そして、”むす美”でアートディレクターをされている 友人でもある”山田 悦子”さんの 風呂敷の本 とっても素敵です。


[PR]
# by namitp | 2007-12-22 00:27 | 日常のちょっとした事

2007年 締めくくりに、うれしいよぉ。

c0051980_4462071.jpg


以前にも紹介した老舗辞書メーカーLAROUSSEのBUVARDが、全てそろいました。

多分2年かかったかなぁ。ちょこちょことアルファベットごとに揃えていって やっと26種類そろいました。

気長に行こうと思っていたのに、年末のサンタさんからのプレゼント。嬉しいわ。
早速 拡大コピーをして、壁に張ってみたり、パリ在住の親戚の子(9歳 7歳の女の子)の名前のアルファベットをコピーしました。

なぜって、そのアルファベットで始まるフランス語の単語の絵が最低でも20個近くの絵が書かれているから、かなり子供たちには楽しめるのよ。(私には、難しすぎる事も多々あり・・・)

そして、今度は、A3にコピーして 子供が遊びに来た時に、ランチョンマットにしようかしら?とか
日本語バージョンを自分で作って、お皿に絵付けしようかしら?とかアイデアが湧いてきます。


で、話は変りますが、
この間の土曜日は、なんと私が”先生”になりました。
なんていっても、フランス人10人近い前で、”風呂敷教室”を開いたのです。とっても、みんな喜んでくれて、御礼のメール頂いたり、とっても充実した時間でした。
フランス語に訳したテキストを作ったりしたし、なんだか、一仕事終えたという充実感もありでした。
これについては、また、後日・・・

c0051980_4464099.jpgc0051980_4474366.jpg



右の写真は、とある会場で見つけた アペルティフです。
すごいでしょう?口に含むと プチッと金色がはじけて、マンゴーの汁が出てきました。C'est bon? の質問に、”なんとも答えられない・・・・”と素直に返事した次第です。
[PR]
# by namitp | 2007-12-19 04:53 | 蚤の市 その他お気入グッズ


ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧