CouCou クー・クー! La vie quotidienne a Paris 


蚤の市大好き。もの大好き。バイヤーの仕事も好き。食べるのも好き。パリ13区からの備忘録。
by namitp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ

ジム机 

c0051980_5435825.jpg

昨日の蚤の市 ひさびさのHITでした。
早起きして郊外電車にのって行ったかい有り。

この数年のうちに、出会えたら買おう!なんて気長に考えていたもの ”70年代の学校机” があったので、まだまだ早いのですが、買ってしまいました。Seï の 勉強机 もとい 落書き机です。
といっても、まだ椅子に座れることもできないのですが、早速与えてみたら。
今、彼のブームは、。 メトロにのれば、そこかしこの ステンレスのバーをつかみ、”あーうー”と成功した喜びを表しています。そこで、この机も、事務机 もとい ジム机となり、バーをつかまえてまだまだ ”はいはい” もしないのに、 バーをひたすらつかみ、 立とう 立とう として、 チューチューと食べていました。

本当は、ちょと修理してからと思ったのですが、まぁいいか。。。

実は、半年前に買った 本棚が既に破壊ぎみ、ということで、70年代っぽい本棚があったらいいなぁと思ったいたので、後ろに移っているのも購入しました。これは、60年代のもの。なんだか、レトロな感じがいいです。
これは、軽い緑に塗り替えようと思っています。

c0051980_547798.jpg
c0051980_7333840.jpg
c0051980_734482.jpg
フランスの子供に30年以上愛され続けている キリンのソフィー。今日も、1ユーロでガラクタの中にいるのを見つけました。しかも、さびたくさりなんかと一緒に ぐちゃぐちゃに入れられていた。
ソフィーを見るとほってはおけません。家に帰って、かなり念入りにシャワーをしてあげました。
我が家で3つ子になりました。ただ、年代が違うと思われますので、3つ子とはいわないけど。しかし微妙に顔が変化していて面白い。
[PR]
# by namitp | 2008-04-08 05:48 | 蚤の市 その他お気入グッズ

日本へ行った・・・

c0051980_452183.jpg


日本へ買われていきました。ありがとうございます。

一応 毎月したいことリストなんてものを、月初めに作ったりしている。毎月そのリストの上位に来る"絵付け”
しかし、それが 月末に消されない月が 数ヶ月続いている。
沢山 やりたいモチーフはあるのに・・・・
やりだすとはまって他の事しなくなるのが目に見えているから、余計に自分にブレーキをかけてしまっている感じもあるのよね。


[PR]
# by namitp | 2008-04-04 04:55 | 磁器絵付a la bonne heure

ちょっとかわいい

c0051980_6584257.jpg

前から気になっていた面白いデザインするグループ+ブティックも経営している
Pa Design 
普通はアペルティフで たとえばピスタチオとかチップスなんかをのせるのですが、今日はお友達がおやつに来てくれるので、こんな感じにしました・・・
っで こういう時に限って家にあったワインボトルがちょっと凝ったので、口が分厚くなっている。本当は、すとん!ってこの器が肩の辺りまで落ちて安定するのです・・・

2bis rue Flechier 01 42 85 58 33

http://pa-design.com/
c0051980_6591796.jpg

[PR]
# by namitp | 2008-04-01 07:02 | 蚤の市 その他お気入グッズ

きれいだわぁ

c0051980_8124722.jpg


ヤニックさんからお花を頂いた日。
我が家に泊りにきてくれた、 Aちゃん に 到着早々お花を生けてもらった。やっぱり 花があるっていいですなぁ。
TULIPEの”ANGELIQUE”というのとてもかわいかった。



c0051980_8131782.jpg
c0051980_8165370.jpg

Seïカプチーノのあわあわクリーム食べる
[PR]
# by namitp | 2008-03-27 08:19 | 日常のちょっとした事

ペーパーナイフ


c0051980_7504121.jpg

相変らず週末は蚤の市に行っております。
こまごま 買いあさっておりますが、その一部

角でできたバンビの”ペーパーナイフ”
以外と使い心地GOOD


c0051980_7511413.jpg
c0051980_7513221.jpg

70年代の哺乳瓶
印刷がなんともかわいくて・・・家に持って帰ったら ”あっ これ僕のだ”と彼が言いました。
自分の哺乳瓶覚えているんだ・・・

c0051980_7531558.jpgこれ買わなかったけど 初めて見た。牛乳あたためやかん(?)この あな あな が牛乳の ふきこぼれ防止+白い膜製造横槍入れる との事。 





c0051980_7553934.jpg
c0051980_7562051.jpg

こっちは5枚購入。これで私は、お金持ち!?1900年代初頭の株券です。 書体がなんだか優雅だったのです。額にでも入れたら 結構絵になると思うのよね・・・また、下らないものが増えました (やった!)


[PR]
# by namitp | 2008-03-24 08:06 | 蚤の市 その他お気入グッズ

2008年後期のイベント決定 

c0051980_383816.jpg
c0051980_385977.jpg

c0051980_392882.jpg
先日は、日帰りで ST-ETIENNE というリオンから更に電車で1時間弱の街に行ってきました。
ここは、リボン生産で栄えた街。
小さいながらも、建物もナポレオン時代が感じられるモチーフの建物、窓の柵などパリでは見ない曲線など、素敵な町並みでした。
リオンは、絹 刺繍 で栄えた街。そこから遠くないこの町は、ここより南の地方で、蚕から絹を作り、この町で絹を使ったリボンを作っていた。
確かに、主人の田舎の家にも、昔 蚕工場 だったという建物が残っている(1600年代建設)。確かに地形的にも南に当たるので、納得。

美術館には、歴代のリボンやら 機械が展示されていて 手作業ののんびりしたいい時代を覗く事ができました。

なぜ、ここに行ったか?
それは、Sさんのお陰で、とあるイベントに参加させて貰えることになったのです。
ST-ETIENNEで2008年10月ー12月で、 日本の布 に纏わるイベントが行われ、私は、FUROSHIKIのデモンストレーションをさせて貰えることになりそうです。
周りの方々は、クリエーター、アーティストさんたち、その中で、”いいの?”って感じだったのですが、美術館の方々たちもOK下さったようで、年末に楽しい予定ができました。

本当に人の出会いと助けってありがたいものです。
Fの思いつきで、FUROSHIKI教室をして以来、パリの本屋さんにFUROSHIKIの本を置かせてもらったり、Sさんのお陰で、今回のイベントのお話貰ったり、
ありがたや ありがたや。

[PR]
# by namitp | 2008-03-17 03:11 | 日常のちょっとした事

アテネ

c0051980_8541259.jpg
c0051980_9353273.jpg

あっという間のアテネから戻ってきました。
お天気にも恵まれて、しかもこの時期なので、暑すぎずに観光も気持ちよくできました。
しかし、すごい排気ガス。ヨーロッパでも汚染が最もひどいという街だけに、街に入った途端 空気の違いを感じました。
パリの空気のキレイなこと!
お陰で、ベビーカーでは、もろの排気ガスが seï にかかると思い、毎日 彼は、抱っこ紐で頑張ってくれました。わらかないなりに、いつものように、奇声を発し、本人大喜び。

ヨーロッパ建築の全ての土台はギリシャ建築。普段見ているモチーフやスタイルのオリジナルと思ってみると感動ばかりでした。
フランスでは、18世紀までは特にギリシャ建築の模倣。18世紀のナポレオンのエジプト遠征以来は、エジプトの影響が感じられます。
美術館で何気に展示されている お花の形の陶器 なんだか見たことあると、思い返してみると、家の近くのアパートの外観の上部のモチーフだったり。
反対に言うと、なんだぁ。フランスの建物なんて、全て模倣じゃん なんて。
全ての見学料も、これらの世界的建造物財産の修理・保管のために使われると思うと、気持ちいいもんです。
アテネは2回目。6年前のギリシャ旅行の時は、Hちゃんとミコノス島1週間 アテネは乗り継ぎで2泊で駆け足だったし、その頃より少し知識も増えていたので、感動 感動でした。

そして、わが息子 seï の奇声加減が 日に日に大きく力強くなってくるので、周りの人も振り向くほど。そしてアジア系の赤ちゃんが珍しい + 親しみ易いギリシャ人のお人柄もあり、沢山の人がseïに話しかけてくれて、手を触られたり足を触られたり、ギリシャ語がわかっているように本人はニコニコ聞いている。
私も”男の子”"7ヶ月”とういギリシャ語だけメモして歩いていました。滞在最後の方は、人が振り向くまで いろんな人の顔をじーっと見るようになってしまい、相手にされないと あーうーと言ったりして、アピールするようになってしまいました。
今日も、パリでは、バス、トラムウェイの中で、人の顔をじーっ見る。パリの人は ギリシャの人ほど優しくないから相手にされなくても、仕方ないのよ。と話ても、勿論わかることなく。。。


c0051980_9473534.jpgc0051980_9554759.jpgc0051980_956128.jpg
c0051980_1023327.jpg


[PR]
# by namitp | 2008-03-08 09:00 | 日常のちょっとした事

NAMIKI


c0051980_727771.jpg
c0051980_7272256.jpg

ランチに行った日本人シェフのフレンチレストラン NAMIKI

前から 気になっていて、ランチで行ける人をと思い、お料理人の T君に声かけたら一つ返事で行こう!という事に。
T君 ★付レストランを辞めて、今は、少しのんびり中。時間がある彼は、ちょっと主婦のような生活をしている。なので、私もなんちゃって主婦の一人として、今晩なんにするの?なんて 会話をしながらのランチでした。

前菜は、 鯛のカルパッチョ ライムソース
メインは、PORCのあばら肉を・・・・・ 
食べるのに夢中で忘れてしまいました。

あまり格好つけていなくて、落ち着けました。

その後、ルーブル美術館敷設の装飾美術館敷設(???ややこしい・・)の広告美術館に行ってきました。
ところが、途中からSEIを連れた彼と合流したために、お出かけ準備は彼にお願いしました。
そうしたら、哺乳瓶の先を 間違えて、SEIはおなか減っているのに、ミルクが出てこない!
あわてて、近くの薬局に走りに出た私は、全く見れずに終わってしまいました。
(まぁ、そうやって、ランチしたい!と言ったら、喜んで男同士の時間と言って、SEIを預かってくれるだけでもありがく思わなくてはいけませんね。)


明日から、ギリシャに行ってきます。




c0051980_7323989.jpgピカソ美術館のこの彫刻の前に来たら、何か話しをしていました。うーん彫刻とテレパシーでも送りあっていたのかな?
c0051980_7325712.jpg
先週の蚤の市でのまたガラクタ購入。小さいアイロン コードを切って SEIのおもちゃにしよう!と思って。考えたら うちの子女の子ではありませんでした・・・
[PR]
# by namitp | 2008-02-29 07:38 | RESTAURANT情報

日帰り旅行 compiegne コンピエーニュ

c0051980_7504671.jpg
c0051980_751041.jpg

どうどうも。

私のイニシャル”N” ドアのぶです。 なんで ” N ”? しかも きんぴか・・・


なぜって なぜって、それは、フランスの英雄 ナポレオン のNです。 

突然 バカンスをとれ!命令が下った彼と 日曜日にどこかに日帰りで行きたいねと思いついたのが金曜日。
パリ近郊で、観光が出来て、小さい蚤の市がある町と探したら出てきたのが、compiegne

パリから電車で30分なのに、なんとも、全く違う雰囲気でした。泊りになると荷作りが大変だから、早起きで出発。

ナポレオンが建てたお城が有名。日曜日なだけあって、パリに慣れてしまっていると本当に閑散 閑散。寂しい気持ちになってしまったが、お城は見ごたえあるものだった。
そして、日本語のオーディオガイド+Seï が 寝てくれたお陰で、満喫。細かい部分まで入念にいろいろ見れて楽しかった!

そして、敷設の "自動車美術館”には、新作ですといって、徳川家の輿がありました。

c0051980_7512030.jpg
プライベートスペースに行く所のどうでもいいお城のドア。私のこの雰囲気好きなんです。
先週日曜日 朝起きて なぜか ”あ”とお告げが下りた。 寝室の壁を ブルーグレーに塗ろうと思いつきました。
そう ちょっとにごったブルーグレー。ところが、子供部屋がもう一部屋できてしまいました。思ったより、ブルーが強かった。 
まぁ寝室の一部の壁なので、いいと言えばいいけど・・・・・
1日待って、色が乾くの待って、2度塗りした色が乾くの待って・・・
悩んだ結果。しばらくこの色で楽しむことに。慣れによって、心境がどのように変化するか試してみようと。最終的に、この色も悪くなかったねぇとなるのか、やはり数ヶ月後に塗りなおすか。
まぁ、自分の部屋だから、失敗も許されるってわけですな。

[PR]
# by namitp | 2008-02-27 07:55 | 日常のちょっとした事

 ○ ○ 職人!?


この中身はなんでしょう?

c0051980_9121495.jpg


はい、お寿司 ”MAKI”です。

c0051980_9241720.jpg
お恥ずかしながらの完成図です。
今週の初め 友人の一人が、
”この間 NAMIが作ってくれた おすしを どこかにオーダーしたらいくら位?”

2ヶ月ほど前の持ち寄りパーティーの時に、フランス人ではないの私だけだし、ちょっと国際色を出そうと 細まきを作って持っていった。
それが気に入ったようで、画家である彼女は自分の VERNISSAGE(展覧会の前夜祭)の時に お寿司を出したいのこと。

その時は、適当に答えたものの、後から、あれって、”お願い?” 確かに 50人分位を買うとなると結構高額になるしなぁと思った私。太陽も出てきて気分も快適な今日この頃。
”よかったら、作ろうか?” と 言った。うん 言ってしまった。
そして、どうせ作るなら、なんでも来い!と開き直ってしまった私。
30本近くまく事に。しかも、炊飯器が小さいから、前日からフル回転させて、折角作るなら、素人の私のレベルだけど、おいしく きれい に!と。

そして、彼女に当日 お寿司を渡しただけで、会場には、いけなかった私に、早速 彼女からメールが。
絵も4枚も売れて、お寿司も大好評で彼女は一つしか食べれなかったとの事。
絵も売れて、よかった よかった。 
一つしか食べれなかったという事は、また、作った方がいいのかな?

といつつ、明日 フランス人と ブラジル人の友達が我が家に ランチに来るので、材料も残っているし、今宵も、まきまきしますよ。
[PR]
# by namitp | 2008-02-25 09:27 | 日常のちょっとした事


ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧