CouCou クー・クー! La vie quotidienne a Paris 


蚤の市大好き。もの大好き。バイヤーの仕事も好き。食べるのも好き。パリ13区からの備忘録。
by namitp
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ

カテゴリ:日常のちょっとした事( 24 )

はやすぎるぅ。

明日から3週間の日本です。5ヶ月の Seï をつれての飛行機。そして 今週になって風邪をひいて、歯も生えだして ぐずぐずしだした。
行くまえにかなり、わたし、疲れてしまっています。

といっても、7年ぶりの日本でのお正月。


今年も1年早すぎた。本当に早すぎた。100点満点ではないけれども、Seï も産まれたことだし、自分に、80点 あげちゃいましょう。というか、それより、今年も 耐え抜いてくれた彼に95点あげましょう。残り5点は何か?と言われると、よくわからないけど、100点は有り得ないでしょう。

私は、今、時間があるだけに、もうちょっと上手に時間を使わないといけないと思う今日この頃。
子育て中の皆様が、家事などの時間配分など、どうされているのでしょうか。気になるところです。

そうそう。
ネットでのショップが開通しました。その名もこのブログからイメージして ”COO COO”

私がバイヤーをしている会社のスペシャリテは、見ていただければわかるのですが、バスグッズ 香り物 です。
私が選んだ商品もありますし、なかなかいいものばかりを扱っています。
私は、その一部 ”PARIS NOTION" (左側に欄があります)を担当しています。
まだまだ 紹介していこうと思っているものの一部しかないですし、ちょっとづつ、オリジナリティを出していけたらと思っています。
絶対 成功させたいので、
是非是非 お友達などにも、このサイト紹介して下さい!
応援宜しくお願いします。

みなさま 良いお年をお迎え下さい。
今年も、本当にいろいろお世話になりました。
今後とも、宜しくお願いします。

Seï の風邪がこじらせずに、無事に日本に着きますように。

c0051980_9394264.jpg

   from Paris le 28 12 2007

[PR]
by namitp | 2007-12-28 09:46 | 日常のちょっとした事

FUROSHIKI フホシキ教室

c0051980_0152092.jpg
c0051980_0154426.jpg
先日 我が家に来た友人と話していて、”日本ってこんなのがあるんだよ”と話したら、盛り上がった風呂敷教室。彼女の友人達10名が集まって風呂敷教室を開きました。








今回のテーマは、クリスマスに向けて使える”ラッピング”
- 本のラッピング
- 香水やジャムなど小さな箱物
- ワイン
- ティッシュケース(これは私が個人的にいいと思っているから)

基本の”真結び”(絶対ほどけず、解きたいときにはマジックのようにほどける すごい結び方)から初めて、初めてのフランス人たちに大丈夫なのかしら?という不安はあったものの。

全て、テキストを用意して(勿論フランス語)それを見てももらいながらの実践。

初めは、ちゃんと基本にのっとっていた みなさま なのですが、最後の方は、この結び目は”スペキュタキュレールに欠ける” つまり "地味”ってこと。
なので、私は、ワイン包みの時のように、輪ゴムを使ってお花を作って、こうしてこうやってすると、ほらね。こっちの方が絶対いいわぁ と 眺めてご満悦。
最後の方は勝手に、皆楽しんでいて、それはそれで、素敵な形に出来上がって、私が、”BRAVO"の連続でした。
なんだか、幼稚園の先生になった気分で、皆が どんな物を出してくるのか、待っていました。

前回 日本に帰った時に、表参道にある ”むす美” という素敵な風呂敷専門店で、いろいろ教わってから、なるべく自分の生活に取り入れるようにしていた風呂敷。
こんな形で、日本を紹介できるとは思っていませんでした。

皆、私の説明の仕方が判りやすかったと言ってくれたのも、嬉しく、とっても充実した午後のひと時でした。
皆 こういう事に興味を持ってくれているとわかっただけでも収穫です。
現在は、この風呂敷の本をパリの本屋さんで置いてもらえるように、ちょっと動いています。
どの本屋さんも興味を示してくれるので、フランス人てある意味、生活術に敏感というか、これも ”ART DE VIVRE” の精神が根付いているからかなぁと、思っています。



ご興味のある方、是非 ”むす美”に足を運ばれてみて下さい。
http://www.kyoto-musubi.com/

そして、”むす美”でアートディレクターをされている 友人でもある”山田 悦子”さんの 風呂敷の本 とっても素敵です。


[PR]
by namitp | 2007-12-22 00:27 | 日常のちょっとした事

ちょっとキレイじゃない?

c0051980_712593.jpg

今年のシャンゼリゼのイルミネーション。ちょっとキレイなのよね。
ただの電灯でなくて、長い光の棒があって、シュッと雪が降る感じなの。

うん 私の言葉足らずでは、説明できないし、写真でもうまく取れなかった。

とにかくキレイなのよ。
けど、寒い中、ベビカーにSeï がいるのも忘れて 眺めてしまいました。
ここぞという時に寝てくれるので、楽だわぁ。

Seïも、本日日本人としてパスポートが出来上がって取りに行ってきました。
やはり日本人は親切ぅ。何度失敗しても、笑いながら対応してくれて、写真も顔が大きすぎて ボツ だったけど、後から送ったのでいいからと励ましてくれて。
出来上がってますか?という電話の対応にも、丁寧に答えてくれて。
日本にいたら当たり前の事に、心が温まる気持ちです。

苦労して取ったパスポートのSeïの写真です。
時がたつのが早すぎる。Seïも明日で5ヶ月になってしまいますぅ。
しかし5年間この写真を使うとはなんともいいのでしょうか。すぐ変るだろうに。
12月28日~3週間 帰国です。どうなる事やら。


後は、シャンゼリゼのセフォラでクリスマス限定の ラデュレのリップバームが発売されているというので行ったのですが、売り切れでした。ラデュレグッズコレクショナーのHちゃんにお届けしたかったのに。。。。
c0051980_7142367.jpg


c0051980_7171421.jpg


Ladurée pour Sephora Gloss Gourmets de Sephora
[PR]
by namitp | 2007-12-17 07:20 | 日常のちょっとした事

眠いよねぇ @モンマルトル

c0051980_2225977.jpgc0051980_22252970.jpg





金曜日は、Seï を義母に預けて 一人でもろもろの用事が出来る日。

といっても、午前中は、ボザールのアトリエで ”ヨーロッパ建築の歴史”なる 60%ちんぷんかんぷんな講座を取っているので、午後が私の自由時間・・・
この講座 難しいけど、FLORENCEという最高に親切な友人に出会えたお陰で、授業のあとは彼女と復習。そして、彼女がまとめたものを くれてその後、再度復習のおかげで、子供が出来て以来の ふしゃげたこの頭でもちょっとは為になっているような気が・・・

この冬の乾燥に アトピー肌という事で、肌があれあれの私は、針に通っています。針をした後、モンマルトルの ともこさんのお店で、私が描いた”コーヒーカップが売れた”との事で、追加の6客を届けたついでに、いつもチェックする雑貨屋さんぶらぶらしてきました。
ともこさんのお店に行ったら、ギターを勉強にきている日本人の男の子がいました。ギターを勉強にというのがいまいち よくわからなくて、ギターでクラシック?どういう音楽なのかイメージが湧かず、私がした質問 ”ギターって、アコーディオンギターとか? 講演会とかするの?” そして、質問を続けていた私。 アーコディオンギターでなくて、アコースティックギター。講演会でなくて、演奏会。毎日こんな感じの私です。けど、アコーディオンギターってあったら、面白いと思うんですが。

と話はそれましたが、
そこで、見かけたショーウィンドー。
確かにねむいよねぇ、 寝かしてあげたい気分になりました。
けど、この子 この体勢しかできないから かわいそうだなぁなんて思いながら、

モンマルトルに行くと必ず立ち寄る アベスの駅を出た所にある パン屋さん”ココリコ”
ここのバゲット ”ピッコロ”は本当においしい。
暗くなりかけている寒い冬の空、バゲットをちょっとつまむつもりが、気づいたら、1本近く平らげていました。
そして、すぐに 翌日の朝用のパンを買いに戻ったら、”どうしたの?” ”えっと 食べちゃった”
今日の店員さん いい人だったのに、前から気になっていた パンを入れる袋を 分けてもらいました。うん いい1日でした。
このパン袋のイラストレーターGERMAINS BOURETは、1900年代初頭に活躍して、彼の絵は、その当時の子供部屋には必ず置かれていたというほど人気だったとのこと。やさしい、ほのぼのした雰囲気が特徴です。それをパン屋の袋として使ってしまうなんて、なんてかわいんでしょう・・・ 

c0051980_22264495.jpg
c0051980_22423416.jpg
c0051980_22271262.jpg
今日の朝 新聞を買ってきた主人の手ににぎられていた 紙袋。フランスの大手 文具メーカーEXACOMPTA。クリスマス用の袋を作ったようです。質実剛健(使い方あっているかな?)なこの文具メーカーのイメージとぴったりな紙袋でした。
[PR]
by namitp | 2007-12-01 22:53 | 日常のちょっとした事


ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧