CouCou クー・クー! La vie quotidienne a Paris 


蚤の市大好き。もの大好き。バイヤーの仕事も好き。食べるのも好き。パリ13区からの備忘録。
by namitp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ

カテゴリ:蚤の市 その他お気入グッズ( 18 )

アンティークよだれがけ

c0051980_15405224.jpg
c0051980_15414473.jpg


妊娠がわかってからの蚤の市お探しアイテムとして増えた ”アンティークよだれがけ”
レースの手仕事の丁寧さと、単純にかわいさ、夢ごこちになれるんで、気に入っています。

1900年代初頭のものは、やはりレースが細かい。形も首周りと腕の下でも紐をくくるものなど、今では珍しいタイプをみかけます。


バイヤーの仕事をしている日本の会社が もうすぐネットショップを立ち上げるので、私も1ページ貰って、”パリからのセレクト”商品を紹介していきます。
(始まったときはお知らせしますので、是非 覗きに言って下さい!)
そこのアイテムは、50%が蚤の市グッズ。残りがパリでの流行り物、クリエーターの他では買えない1点物、ただ単に生活便利グッズ、私のお気に入りなどを紹介して行くのですが、そこでも、よだれがけのせようと思っています。

それ用にSeï につけて撮った写真です。
しかし、4ヶ月経った彼は、よく動く、なんだか、おとなしそうにしていますが、動いて動いて ほっと一息ついている瞬間に撮ったものです。

c0051980_15433969.jpgc0051980_1544966.jpg





あと、昨日 ヴァンセンヌの森で行われていた ”マルジョレンヌ”というBIOのサロンに行ってきました。BIOの食べ物から、アロマ系、洋服などなど沢山見れるのですが、そこで、購入した冬用の靴。 まだ歩けないので、外出用に寒さ対策にいいかと、しかし、悩んで悩んで結局ブルーグレーの方を買いました。(やっぱり、白にオレンジの糸というのも、かわいかった こっちの方が、どんな洋服にでもあわせ易かったかなぁと)
この作り手さん(全て手作りです) 寒い地方ではなくプロバンス地方の西のGARD地方からの出展でした。なぜ、この辺りで、革製品なのか、人が一杯で尋ねられなかったので、ちょっと、調べてみようと思います。ちなみに、私が購入したのは羊の革なのです。

[PR]
by namitp | 2007-11-19 15:49 | 蚤の市 その他お気入グッズ

使えないミシン・・・ けど 美しい・・・・

c0051980_883944.jpg

今年の4月プロバンスの田舎の家に行った際に、蚤の市で買ったものが、パリにとどきました。

使えないミシンですが、その雰囲気に惹かれて購入。
足があるものもあったのですが、すっぽり革の箱に入るコンパクトさと、表面の状態のよさが気に入りました。
義父が車でパリに来るのを待ち、(義父は旅行記者なので、殆どフランスにいない)半年振りの再会。

子供服でも縫ってみようかと思い、本当のミシンを探している今日この頃、忘れた頃にやってきたミシン。やはり美しかった この色と雰囲気。
しかし・・・・この狭いアパート末はどうなって行くのでしょうか・・・
日本の皆様 お店のインテリアなんかにいかがですか?
お安くお譲りしますよぉ。


c0051980_89755.jpg
c0051980_8105435.jpg

[PR]
by namitp | 2007-10-30 08:14 | 蚤の市 その他お気入グッズ

オークションに参加してみた

c0051980_856561.jpg
c0051980_8562828.jpg

本当に日々は早く過ぎて行く。
毎日書きたいことあるけれども、私にまめさがないので、どんどん楽しい事を書けずに時が過ぎて行く。

既に2週間ほど前になるけど、オークションで、AURIACのポスターとオリジナルの絵を買ってみた。絵なんていうとたいそれたものの気がするが、写真のように、サヴィニヤックと同時代に活躍した(1950-1990年くらい)広告のイラストなので、なんだか、そんな値段も張ったものでもない。
はじめは、皆の前で、手を上げられないよぉなんて思っていたが、なんの事はない、始まってみたら、だっこ紐で SEI(息子3ヶ月)を抱えながら、平気で挙手。

会場は、フランスで最も古いといわれているオークション会場に、前日に下見をして好きな絵を決めておいたにもかかわらず、”えーかわいいー いいかんじぃー”なんてオリジナル2枚にポスター4枚も購入。1970年代の頃の印刷技術って今と違うからなんとも温かみがあって、素晴らしい。コレクターの間で高く取引されるのがちょっとわかった。
本当は、彼へのお誕生日プレゼントのはずが、いつもの事のように、私のものの方が多かった。
彼は、なぜか、黒人のが始めからお気に入りで、これ1点絞りで、GETしてご満悦。
ちなみに、これは、70年代の洗剤の広告用のイラストだそうです。
今も顔を上げるとこのお姉さんが微笑んでいます。
右のは、子供部屋に飾ろうと思いGET。

300点近いポスターやオリジナルが全てせり終わるのに、3時間強。
家に帰ったら、午後中 だっこ紐の中でいい子にしていた我が息子のお尻は、おむつの後がくい込んでいた。それでも、赤ちゃんが珍しかったのか、皆に話しかけられていたが、マイペースの彼であった。
そんなSEI 後ろでいびきをかいて寝ています。赤ちゃんていびきかくのですね。
(親が2人ともかくからかもしれないが・・・)

そうそう、このAURIAC 去年 パリで展覧会があって(すごくよかった)、現在は、フランス全土で展覧会が開かれています。

今回会場となったオークション会場Drouotについて知りたい方は、http://www.effie.co.jp/magazine29.htm


そうそう 今日のお昼はお寿司でした。やっぱり、おいしいお寿司はおいしいです。
パリにこんなちゃんとしたお寿司屋さんがあるのですね。眉山です。パリ在住の方行かれたかたありますか?
ご馳走になったから行けたのですが・・・
[PR]
by namitp | 2007-10-25 09:19 | 蚤の市 その他お気入グッズ

アミアン蚤の市 続き。こんなものたちです・・・

c0051980_5441185.jpg

今回のGET品の一部です。
アミアンすごいカフェグッズ満載でした。今回は、カフェグッズは、きりがないので、珍しいもののみの購入としました。先日 日本のとあるフレンチスタイルのカフェの方が、カラフを中心に購入してくださったので、多少スペースが空いたとはいえ、ちょっとお休み。

その中でも今回のお気に入りグッズ。52年発行の子供本。もう絵が最高にかわいい。しかも、話も簡単で内容も判りやすい。毎日のように、わが子に見せつつ私が、眺めています。
あまりにもかわいいので、お皿に絵付けしようと思っています。
c0051980_5425563.jpg
c0051980_5431673.jpg

ちょっとかわりもの。1910年代のスタンプ掛け台です。
真鍮製で、かなり重いのですが、これが似合う書斎ってどんなだったのでしょう・・・
濃い木目の革つきの書斎で、55代の男性が、カーテンから入る日の柔らかい光のもと、色んな書類に目を通す度に、このスタンプ台からスタンプを選び、ゆっくりとスタンプを押していきます。そう、このおじさんは、1910年に生きる税理士さん。なんて想像はどうでしょう?
私は、この間のロンドン旅行の蚤の市で購入したジャムスプーン、バタースプーンなどを、飾りました。
c0051980_5421831.jpg

左は、赤ちゃんの保温用お皿。状態はよくないのですが、この子供シリーズが全部一皿に描かれているのはレア。
この一つ一つの絵が大きく描かれているのは既に2枚持っているのですが。
右は、1940年 第2次世界大戦中のガソリンの配給チケットです。1日1枚=10リットルしかだめよという事だったらしい。
これで、何をする?といわれたら困るけど、生活が垣間見れるグッズに弱い私でした。。。

c0051980_5541646.jpgc0051980_5544846.jpg

[PR]
by namitp | 2007-10-09 06:02 | 蚤の市 その他お気入グッズ

アコーディオン衝動買い アミアン蚤の市にて

c0051980_1334451.jpg


週末を利用して、フランスで2番目に大きいといわれているアミアンの蚤の市に泊りで行ってきました。2ヶ月の赤ちゃんを連れてだったので、もし見れなかったらそれはそれで仕方ないと思って挑んだ蚤の市。
朝の5時に授乳をして、私は、そのままホテルを飛び出し、懐中電灯を持って、あさっているプロのおじさん達の片隅で、私のペースで見てきました。
いったんホテルに戻り、赤ん坊をベビーカーに乗せて再出発。ところが、とてもいい子で、連れ出すとベビーカーの中で寝てくれて、普通通りに見ることができました。反対に今の内の方が動きやすいかもねと主人と話し、今の内に沢山満喫しなくては!との結論に。

このアミアン 身廊の高さが43.20Mとフランス最大のゴシック建築の大聖堂が有名です。
数週間ほどに前に行った、シャルトルの大聖堂に比べると、ステンドグラスの迫力に欠けていました。が、中に入って見上げるとやはりその広大さは、でんぐりかえりしてしまいそうです。
中の一部の壁紙に惹かれました。
c0051980_225837.jpg
c0051980_225421.jpg


思わず惹かれて、手ばなせなくなってしまったアコーディオン。第2次世界大戦中、ドイツの牢屋でフランス兵士による手作り との事。本当かな?現存するメーカーHOHNERのもの。現在もその質は、不動に位置を抑えているメーカーです。勿論しっかり音も出ますしので、オブジェとしてではなく、ちょっとひいてみようかと思っています。
(目指せ!のだめの 玉木宏 ← 私大好きなのです。)
木目の色の艶といい、細工といい。とっても、素敵です。c0051980_2273719.jpg

また、近いうちに、他 の ものたちも、紹介させてもらいます。
DIGOINのかなり状態のいいボール>、渋い20世紀初頭のスタンプ台50年代のかわいい子供の絵本などなど。。。


[PR]
by namitp | 2007-10-03 02:34 | 蚤の市 その他お気入グッズ

子供部屋 -こんな感じになりました-


c0051980_1840593.jpg

この辺りで 狭い我が家に子供部屋を作り出して、この辺りで一段落させようかと思っています。
もっともっと、色々したいのですが、きりがなくなってきそうで・・・
赤ちゃんも2ヶ月たち、どんどん楽しくなってきております。

c0051980_18422943.jpg
c0051980_18425951.jpg

壁の DU BONHEURE A LA PELLE = シャベル一杯の幸せ みたいな意味
周りのお花は、別に購入。ちょっと遊んでみました。

右側の動物のお皿は、私が絵付けしました。6枚シリーズなので、3枚づつ定期的に変える予定。(子供本などで活躍するフランス人イラストレーター トーマスのものです。)
オムツ替え台。用意するつもりではなかったのですが、ご近所のNちゃんから、便利だからと出産前に お借りしました。確かに便利です。



c0051980_1915136.jpg
c0051980_1925411.jpg

モビールは、気に入って気に入って、セールを待ってやっと購入したものです。インゲンや車などが、編み物などで型どられているデンマーク製。
天蓋は、IKEAにて購入。実際は、蚊帳なのですよね?

ベッドリネンーこれは、私がアトピーのために、帝人のミクロガードにしています。
ベッドの頭のところのクッション、なかなか気に入った物がなくて、結局、自分で布を買ってきて縫いました。サイドに小さいポケットをつけて、ぬいぐるみを入れています。
布があまったので、オムツ替え台のカバーも同じ布で縫ってみました。
そろそろ ミシンと購入しようかと思っています。
ベッドにかかっている 水玉は、小物入れ?Aちゃんから頂いたロンドン土産です。これからヒントを貰って、まだ早いのですが、離乳食用のお皿を絵付けしました。(私 水玉のファンなのです。)

c0051980_1845295.jpg

あひる(蚤の市で購入)と車のおもちゃ(お友達のMちゃんから先週頂きました)
  おもちゃが乗っている台は、実は、釣り用の椅子 です。4月プロバンス最大の蚤の市と言われているバルジャックの蚤の市にて購入。
  上部が2段、小物入れになっていて、紐がついていて、持ち運び自由で、椅子でもあるので、かなりしっかりしている1920年代のもの。20年代とおじさんは言っていたけど、網こみがビニール製なのですが、20年代ってこういうものあったのでしょうか・・・・
左の椅子。主人が赤ちゃんの頃使っていた椅子。去年 おじいちゃんの引越しの際にドサクサにまぎれてもらっちゃいました。結構気に入っています。
黄色のくまは、日本のMOGのもの。だいぶ汚くなっているので、REPUBLICにあるヴィンテージ子供服屋にて購入したカーディガンを着せてみました。
けど、このセーターどうみても、女の子用って感じ、これにあわせて準備してあるブラウスなんて、完全にレースです とほほ・・・
窓の傍にぶら下がっているもの。風鈴のような音がなります。判りにくいのですが、水色 緑 ピンクの 色を焼き付けました。

c0051980_194789.jpg
出産前日に、毎週14区でアーティストが自分の作品を展示しているマルシェで、見つけたオリジナルリトグラフです。その時は、人物がいないので、ちょっと寂しいかなぁと迷って購入しなかったのですが、やはり気になって、一点ものですし、退院4日後になくなったら後悔すると、痛いお腹をさすりながら買いに行きました。
お腹の大きいときとヘッコンだ時の BEFORE AFTER を見ていてる 画家カラマドレさんは、特別金額にしてくれました。どうも・・・
後から知ったのですが、日本の企業向けにも色々絵を描いている方で、フランスアーティストリストにもちゃんと載っている方でした。
c0051980_1943757.jpg
c0051980_19313847.jpg
カーテン 主人のおばあさんが嫁入りの際のベッドリネンをカーテンに縫い直しました。刺繍も布もさすが、丁寧な手仕事です。


こんな感じで、頂き物やら蚤の市のものやらを集めていたら、こんな部屋になりました。
ちなみに、壁のキミドリは、彼のテーマカラーです。(私が緑が好きなだけなのですが。。。)
フランスは、すぐに自分の部屋で寝かせるのですが、私は、そろそろと思いつつ、親子3人でまだ寝ています。
なので、このベッドもまだ使っていないのです。
もう少し判ってきてくれて、このお部屋気に入ってくれると嬉しいのですが。。。

[PR]
by namitp | 2007-09-24 18:48 | 蚤の市 その他お気入グッズ

100年前のベビーカー (プロバンスにて)

c0051980_417162.jpg


ご無沙汰です。
8月末から9月始めまで、1ヵ月半の息子を連れてプロバンスの田舎に行っていました。
普段は、ばたばたと過ごすのですが、今回は、私の休養も兼ねて(私が勝手に決めました)基本的には何もしませんでした。息子からいうと、”ひいおじいちゃん”と私たち3人でのんびり過ごしました。

といっても、やはり蚤の市は欠かせません。
そこで見つけた 1900年代初頭のベビーカーです。なんとも、すわり心地悪そうです。とういか、車椅子にしか見えないのですが、これでは子供は、落ちてしまうし、けど、何度も繰り返し尋ねたのですが、やはりベビーカーという事で。。。。



[PR]
by namitp | 2007-09-19 04:19 | 蚤の市 その他お気入グッズ

あと ひと頑張り!BUVARD インク吸取紙

c0051980_15551895.jpg
c0051980_15553819.jpg


かれこれ コレクションを始めて、2年近くかな・・・
1950-70年代ごろに広告媒体用として作られていた BUVARD
その当時は、万年筆文化だったので、インクの吸い取り紙として無料で配布。
だってその頃は、まだテレビとか普及していないから、これが広告のひとつとして、有名イラストレーターを起用したものから、もろもろあったんですね。

これをみていると、その頃の社会背景なんかもわかって なかなか 楽しい。

数えた事はないけど、多分、数百枚以上はたまっていると思う。
独断と偏見で、ひゃぁかわいい! ちょっといけてない? というのを ただただ手に入れているだけなのですが。

その中でも、LAROUSSE こちらの辞書メーカーのがお気に入り。
26アルファベットのうち、今回 GET分で、残り9文字になりました!!!
ちょうど 私のフランス語のお勉強にもなるし、全て揃った暁には、拡大コピーをして、壁に貼って、さらに(嘘 全くしてませんので さらにではありません・・・)、フランス語のお勉強でもしようかと今から楽しみなのです。

ちなみに、男性には、昔の車のBUVARDが人気。
確かにカッコいいと思うのですが、何しろ知識がないので、ありすぎて選べないのですが。

もうこの世界。その当時の印刷技術もあるのか、色もかわいいのが多く。
興味のある方、是非 我が家まで。
もし 我が家が火事になったら、まずこのアルバムを窓から投げ捨て、それから、自分が逃げると決めています。

[PR]
by namitp | 2007-07-12 16:05 | 蚤の市 その他お気入グッズ


ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧