CouCou クー・クー! La vie quotidienne a Paris 


蚤の市大好き。もの大好き。バイヤーの仕事も好き。食べるのも好き。パリ13区からの備忘録。
by namitp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ

2008年後期のイベント決定 

c0051980_383816.jpg
c0051980_385977.jpg

c0051980_392882.jpg
先日は、日帰りで ST-ETIENNE というリオンから更に電車で1時間弱の街に行ってきました。
ここは、リボン生産で栄えた街。
小さいながらも、建物もナポレオン時代が感じられるモチーフの建物、窓の柵などパリでは見ない曲線など、素敵な町並みでした。
リオンは、絹 刺繍 で栄えた街。そこから遠くないこの町は、ここより南の地方で、蚕から絹を作り、この町で絹を使ったリボンを作っていた。
確かに、主人の田舎の家にも、昔 蚕工場 だったという建物が残っている(1600年代建設)。確かに地形的にも南に当たるので、納得。

美術館には、歴代のリボンやら 機械が展示されていて 手作業ののんびりしたいい時代を覗く事ができました。

なぜ、ここに行ったか?
それは、Sさんのお陰で、とあるイベントに参加させて貰えることになったのです。
ST-ETIENNEで2008年10月ー12月で、 日本の布 に纏わるイベントが行われ、私は、FUROSHIKIのデモンストレーションをさせて貰えることになりそうです。
周りの方々は、クリエーター、アーティストさんたち、その中で、”いいの?”って感じだったのですが、美術館の方々たちもOK下さったようで、年末に楽しい予定ができました。

本当に人の出会いと助けってありがたいものです。
Fの思いつきで、FUROSHIKI教室をして以来、パリの本屋さんにFUROSHIKIの本を置かせてもらったり、Sさんのお陰で、今回のイベントのお話貰ったり、
ありがたや ありがたや。

[PR]
by namitp | 2008-03-17 03:11 | 日常のちょっとした事
<< ペーパーナイフ アテネ >>


ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧