CouCou クー・クー! La vie quotidienne a Paris 


蚤の市大好き。もの大好き。バイヤーの仕事も好き。食べるのも好き。パリ13区からの備忘録。
by namitp
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ

眠いよねぇ @モンマルトル

c0051980_2225977.jpgc0051980_22252970.jpg





金曜日は、Seï を義母に預けて 一人でもろもろの用事が出来る日。

といっても、午前中は、ボザールのアトリエで ”ヨーロッパ建築の歴史”なる 60%ちんぷんかんぷんな講座を取っているので、午後が私の自由時間・・・
この講座 難しいけど、FLORENCEという最高に親切な友人に出会えたお陰で、授業のあとは彼女と復習。そして、彼女がまとめたものを くれてその後、再度復習のおかげで、子供が出来て以来の ふしゃげたこの頭でもちょっとは為になっているような気が・・・

この冬の乾燥に アトピー肌という事で、肌があれあれの私は、針に通っています。針をした後、モンマルトルの ともこさんのお店で、私が描いた”コーヒーカップが売れた”との事で、追加の6客を届けたついでに、いつもチェックする雑貨屋さんぶらぶらしてきました。
ともこさんのお店に行ったら、ギターを勉強にきている日本人の男の子がいました。ギターを勉強にというのがいまいち よくわからなくて、ギターでクラシック?どういう音楽なのかイメージが湧かず、私がした質問 ”ギターって、アコーディオンギターとか? 講演会とかするの?” そして、質問を続けていた私。 アーコディオンギターでなくて、アコースティックギター。講演会でなくて、演奏会。毎日こんな感じの私です。けど、アコーディオンギターってあったら、面白いと思うんですが。

と話はそれましたが、
そこで、見かけたショーウィンドー。
確かにねむいよねぇ、 寝かしてあげたい気分になりました。
けど、この子 この体勢しかできないから かわいそうだなぁなんて思いながら、

モンマルトルに行くと必ず立ち寄る アベスの駅を出た所にある パン屋さん”ココリコ”
ここのバゲット ”ピッコロ”は本当においしい。
暗くなりかけている寒い冬の空、バゲットをちょっとつまむつもりが、気づいたら、1本近く平らげていました。
そして、すぐに 翌日の朝用のパンを買いに戻ったら、”どうしたの?” ”えっと 食べちゃった”
今日の店員さん いい人だったのに、前から気になっていた パンを入れる袋を 分けてもらいました。うん いい1日でした。
このパン袋のイラストレーターGERMAINS BOURETは、1900年代初頭に活躍して、彼の絵は、その当時の子供部屋には必ず置かれていたというほど人気だったとのこと。やさしい、ほのぼのした雰囲気が特徴です。それをパン屋の袋として使ってしまうなんて、なんてかわいんでしょう・・・ 

c0051980_22264495.jpg
c0051980_22423416.jpg
c0051980_22271262.jpg
今日の朝 新聞を買ってきた主人の手ににぎられていた 紙袋。フランスの大手 文具メーカーEXACOMPTA。クリスマス用の袋を作ったようです。質実剛健(使い方あっているかな?)なこの文具メーカーのイメージとぴったりな紙袋でした。
[PR]
by namitp | 2007-12-01 22:53 | 日常のちょっとした事
<< ちょっとキレイじゃない? アンティークよだれがけ >>


ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧